きぬぼしブログ
Kinuboshi Blog

2021年10月

マウスピースのお手入れ方法

こんにちは!

愛媛県 今治市 衣干町のきぬぼし歯科の重松です。

歯ぎしり対策のマウスピースやスポーツのためのマウスピースなど、目的に応じて様々なマウスピースがあります。

今回はそのマウスピースのお手入れ方法についてです。

○使用後のお手入れ

・水で洗う

1番手軽で簡単なお手入れ方法です。

食器を洗う中性洗剤を使うとより綺麗になります。

「研磨剤の入った歯磨き粉」を使うと傷がついてしまうのでやめましょう。

研磨剤の入っていない歯磨き粉なら大丈夫です。

・専用の洗浄剤を使用する

歯科医院やドラッグストアなどで売っているマウスピース用の洗浄剤を使う方法もあります。

目に見えない汚れやニオイをスッキリと落とせ、除菌もできるのでオススメです!

普段は水洗いで、週に一回程度洗浄剤を使用する方法もよいです。

○その他注意点

・マウスピースは熱に弱いので熱湯はNG

・専用のケースに入れて保管すれば、変形・破損・紛失のリスクを減らせます

・使用しない時は乾燥させて保存する

マウスピースは毎日お口に入れるものなので、正しいお手入れ方法を守り、清潔に保っていきましょう。

#今治市 #衣干町 #きぬぼし歯科 #歯科 #歯科医院 #歯医者 #歯医者さん #歯周病 #歯周病治療 #小児歯科 #子ども #予防歯科 #ホワイトニング #クリーニング #定期検診 #歯石とり #はみがき #歯ブラシ #マウスピース #ナイトガード #マウスガード

CATEGORY : お知らせ 

キシリトールガムのススメ

こんにちは!

愛媛県 今治市 衣干町のきぬぼし歯科の重松です。

『キシリトールガムのススメ』
キシリトールガムがむし歯予防に役立つことはよく知られていると思います。
今回はこのキシリトールガムの選び方や噛み方についてのお話です。
○キシリトールの選び方
・キシリトールの含有率が50%以上
 むし歯予防に効果が出てくるのはキシリトールの含有率が50%以上のものになります。歯科医院に置いてあるキシリトールガムは含有率が100%近いものなのでオススメです。
・キシリトール以外の甘味料が含まれていないもの
キシリトールが含まれていてもキシリトール以外の糖類が含まれていたらむし歯予防の効果はありません。シュガーレスや糖質ゼロなどを参考にして選んで下さい。
○キシリトールガムの噛み方
・1日3〜4回
 噛むタイミングは食後と寝る前。歯磨きの後に噛みましょう。
・1回2粒
・10分以上
 唾液の中にキシリトールが溶け出すので出来るだけ唾液を飲み込まずにお口の中に行き渡るように噛んで下さい。
キシリトールはむし歯菌の活動を弱めてくれます。
ただ、キシリトールを摂取することでむし歯にならなくなるわけではありません。
正しいブラッシングと定期的な歯科検診も重要です。
生活の中にキシリトールガムを噛む習慣を取り入れてむし歯予防に役立ててみて下さい!
CATEGORY : お知らせ 

10/11(月)午後休診です

こんにちは!

愛媛県 今治市 衣干町のきぬぼし歯科の重松です。

『休診のお知らせ』

10月11日(月)午後休診させていただきます。

午前は診療していますので、お口の中で気になることのある方は早めに連絡お願いします。

直前のお知らせで申し訳ありませんが、よろしくお願いします!

#今治市 #衣干町 #きぬぼし歯科 #歯科 #歯科医院 #歯医者 #歯医者さん #歯周病 #歯周病治療 #小児歯科 #子ども #予防歯科 #ホワイトニング #クリーニング #定期検診 #歯石とり #はみがき #歯ブラシ

CATEGORY : お知らせ 

歯ブラシを濡らさないで

こんにちは!

愛媛県 今治市 衣干町のきぬぼし歯科の重松です。

歯を磨く前、歯ブラシを水に濡らしていませんか?
実はこれは避けた方が良いのです。
歯磨き粉の泡立ちが良くなるかもしれませんが、泡立ちが良いとすぐにうがいをしたくなります。
綺麗に汚れを落とす前に歯磨きを終えてしまいますし、歯磨き粉に含まれるフッ素などの有効成分の濃度も薄まってしまいます。
なので、乾燥した歯ブラシの上に歯磨き粉を乗せるようにしましょう!
CATEGORY : お知らせ 

PMTCについて

こんにちは!

愛媛県 今治市 衣干町のきぬぼし歯科の重松です。

PMTCってご存知ですか?
PMTCとは歯科医院で行われる専門家による徹底した歯面清掃のことを言います。
(professional mechanical tooth cleaningsの頭文字をとってPMTC)
専用の器具と研磨剤を使って、歯磨きでは落とさない歯面についた汚れを清掃と研磨を行い、う蝕や歯周病になりにくい環境を整えます。
具体的には、歯石を取った後、歯の面についたステインやプラークを中心にキレイにして、最後にお掃除によってついた細かい傷を修復するペーストを使ってピカピカに磨き上げます。
ピカピカに磨き上げると汚れも付きにくく、取りやすくなります。
きぬぼし歯科では4ヶ月から半年に一度ほどのPMTCをオススメしています!
何か気になることがあればお気軽にご相談ください!
CATEGORY : お知らせ 

口臭について

こんにちは!

愛媛県 今治市 衣干町のきぬぼし歯科の重松です。

今回は口臭についてです。

口臭の原因の90%はお口の中にあるため、お口の中をキレイにできれば口臭はほぼ抑えることができます。
口臭は大きく3つに分けられます。
○口臭の種類
①生理的口臭
朝起きた時、空腹時、緊張している時は唾液の分泌が減少して、お口の中の細菌の量が増えるため口臭がつよくなります。
お口の中がネバネバして喉の渇いた状態です。
時間とともに口臭は減少するので、問題ありません。
②外因的口臭
ニンニク、ニラ、ネギなどの臭いの強い食べ物、アルコールや喫煙により一旦体内に取り込まれた臭いの元になる成分が、胃の中で消化され血液を介して全身に循環し肺を経由して体外に吐き出されます。
時間と共に口臭は減少するため、問題ありません。
③病的口臭
これが問題となる、病気によって発生する口臭です。
口臭治療の対象となります。
○口臭の原因となるお口の病気
①歯周病
歯周病は歯周病原菌が歯を支えている骨を溶かせる病気です。
この歯周病原菌が口臭の原因となります。
歯ブラシでは取れない歯石の中に住み着いているので歯医者さんで治療してもらう必要があります。
②むし歯
小さなむし歯では原因にはなりませんが、大きなむし歯になると神経などが腐り臭いの原因となります。
③舌苔
舌の表面に付着する白い苔のような汚れを舌苔と呼びます。
うがいだけでは取れませんので、専用のブラシや歯ブラシを使って優しくとってあげる必要があります。
④唾液が少ない
唾液には汚れを洗い流したり、抗菌したりする機能があります。
その唾液量が少なくなるとお口の中の菌が増えやすく口臭の原因となります。
加齢とともに唾液の分泌は少なくなりますが、薬の副作用、ストレス、喫煙、糖尿病などの全身疾患なども原因となります。
生理的口臭により1日の中でも変動しますが、ゼロ(無臭)になることはありません。
よってあまり神経質になる必要はなく、他人を不快にさせるような強い臭いが出ないように気をつければ良いのです。
では、その対処法について歯科医院での口臭ケアとお家での口臭ケアに分けて説明します。
○歯科医院での口臭ケア
・歯石除去やPMTC
・ブラッシング指導
・歯周病やむし歯の治療
・定期的な歯科検診
○お家での口臭ケア
・歯ブラシ、フロス、歯間ブラシでの日々のブラッシング
・舌苔の清掃
・よく噛んで食べる
・ストレスを溜めない
・規則正しい生活を送る

 

CATEGORY : お知らせ 
ページトップヘ